専門家に任せましょう

危険な害虫

蜂の巣を取り除くにあたって

自宅の周辺で蜂を見かける機会が増えたといった際には、庭先などに蜂の巣が造られてしまっているケースがままあります。蜂の巣を発見してしまった際に利用したいサービス、それが蜂の巣退治を行なってもらう事が可能な、蜂の巣駆除や害虫駆除業者のサービスです。一般的に蜂に刺される危険性が最も高くなるのは、蜂の巣に近づいてしまった際となるため、個人でこれの退治を行なおうとすると、刺されてしまう危険性が飛躍的に高まります。刺されて痛いだけならまだしも、巣を造った蜂の種類によっては命を脅かす危険性のある種もあるため、できる限り個人での退治をすることはしないほうがいいのです、専門業者に依頼をすれば、刺されることのない完全防具での撤去に当たってもらうことができるため、誰も危険に脅かされることなく、巣の撤去が可能となるのです。

ハチの種類を見極めよう

ただし、退治するのか否かといった点は、蜂の種類を見極めてから行うといいでしょう。日本に存在している種の中で命の危険性があり、いち早く巣の撤去を行なうべきなのはスズメバチだけであり、その他多く見かけるミツバチやアシナガバチなどの種は、指されても命の危険性はないのです。また後者に関しては、季節がかわることで自然と巣がなくなる種もでもあるため、そのまま放置しておけば、いずれ見かける事がなくなるものでもあります。サービス業者を利用する必要はさほどないのです。そのため、スズメバチの巣の撤去に関してはサポートを行なっていたり、補助金を出している自治体などを見かける事ができますが、ミツバチやアシナガバチなどに関しては、そういったサポートはされていない傾向があります。